神奈川県医労連 神奈川県民のいのちと健康を守り、そこに働く仲間たちの労働条件を守る。

 

トップ
医労連紹介
加盟組合の取組み
各分野課題の取組み
青年部女性部
労働相談
問い合わせ

神奈川県医労連

〒231-0062
横浜市中区桜木町3-9
   平和と労働会館3階
TEL:045-228-7704
FAX:045-228-7717
E-Mail:i-kngw@chime.ocn.ne.jp

トップ  >>  各分野課題の取組み  >>  資料
 

資料 - 医労連紹介

医労連ニュース


資料 - 各分野課題の取組み

14秋増員署名推進キャラバンニュース


増員署名推進ニュース

神奈川移行教育をすすめる仲間の会ニュース

組織拡大速報

13春増員署名推進キャラバンニュース


組織拡大速報


神奈川の准看護師養成停止にかかわる新聞報道第2弾です。

 一部不十分さの残るものですが、これまで一貫して県立養成所の廃止と2年課程通信制への学校設立または、県立医療短大に通信課程を作るよう求めてきた看護師養成の強化はまだ盛られていません。しかも、今回の方針が県の財政問題とも強くリンクしており、今後私たちの運動と声を大きくする取り組みが求められます。
 県医労連の基本的な見解は、次回の執行委員会論議を経て明らかにする予定です。
 とりあえずは、お届けまで。

神奈川県医労連

神奈川県がようやく准看護師養成停止を発表

 長年にわたって神奈川県医労連が要求してきた「神奈川県による准看護師養成の停止」について、昨12日、知事は会見で准看護師養成廃止を明言した。
県立専門学校の募集の停止、医師会などの県内の専門学校への補助金も打ち切る方向。神奈川県が設置した外部有識者会議「看護教育のあり方検討会」の報告書の「准看護師の養成の早期停止」の打ち出しを受けたものと報道されました。
 看護師確保についての今後の方向性は、議会の中で出していくことも発言。
 全国的にも大変遅れていた神奈川県が、ようやく方向性を出したもので、遅きに失しているとはいえ、歓迎するものです。
 同時に、看護師の夜勤を含めた労働条件改善と大幅増員で、安全安心の医療看護が提供できる体制を作ることが・国や自治体の役割であり、人口比含め看護師数はワーストワンでありそこを脱すると昨年知事は明言しており、今後の看護師養成数増に期待するものです。

神奈川県医労連

議会陳情資料


いのち守る全国キャラバン in 神奈川


社保川崎病院存続・強化への支援要請


12秋増員署名推進キャラバンニュース


議会陳情資料


神奈川労働局主催 研修会


日本医労連から


最低賃金関連


最低賃金裁判


春闘討論会集会ニュース

村上裁判に学ぶ

討論集会の大事な課題として学習しました。


許すな大企業の非正規社員解雇の嵐

いすゞ 非正規問題 行動

神奈川県医労連の活動、新聞や週刊誌にも!


JFE・共和物産不当解雇争議

解雇撤回・4人全員職場復帰!


神奈川県社保協ニュース


神奈川県社保協が第2回介護のつどいに342名で大きな確信に


後期高齢者医療への不服審査請求や国会行動にたくさんの仲間が・・・



戻る→    





 
Copyright © 2008-2017 神奈川県医療労働組合連合会 SINCE 08/12/1 Supported by Shimaweb**