神奈川県医労連 神奈川県民のいのちと健康を守り、そこに働く仲間たちの労働条件を守る。

 

トップ
医労連紹介
加盟組合の取組み
各分野課題の取組み
青年部女性部
労働相談
問い合わせ

神奈川県医労連

〒231-0062
横浜市中区桜木町3-9
   平和と労働会館3階
TEL:045-228-7704
FAX:045-228-7717
E-Mail:i-kngw@chime.ocn.ne.jp


2020県医労連 春闘討論集会あいさつ

 新年おめでとうございます。県医労連を代表しあいさつをさせていただきます。 今年は久しぶりに川崎大師に初詣に行きました。女房と二人でおみくじを引くとふたりとも凶でした。おい、正月に凶は入れるなよと思いながら少し考えました。あっつ、そうだ「神奈川だけにもう基地は要らない」。実は、去年の浅草演芸ホールでやっていた「ナイツ」のネタでした。

 去年を少し振り返りたいと思います。なんといっても台風の被害でしょうか。窓越しに見える隣の千葉県では台風15号で屋根を飛ばされ、ゴルフ練習場の鉄柱が直撃。台風19号で浸水被害にあいました。その後の台風21号でも影響を受けました。茂原市では市内を流れる5つの河川が13か所で氾濫。一時900人が避難しました。床上浸水した家では「冷蔵庫や仏壇が倒れるなどめちゃくちゃな状態だった」。周辺は下水道が整備されておらず浄化槽からは汚水があふれ悪臭がひどく消毒が必要。高齢者も多く災害ごみを集積場まで運ぶのは困難な状況でした。また、がけ崩れで亡くなった人も出ました。「50年に1度の災害」との台詞をよく耳にしますが2か月の間に3回も起きたことになります。今年もまた災害が起きるのではと不安に思っているのは私だけでしょうか。 この災害は人災であるといっても過言ではありません。地球温暖化にメスを入れず、大企業の利益優先、アメリカ言いなりの今の自民党政治を変えるときです。 もう一つ、「桜を見る会」です。

 安倍総理主催「桜を見る会」ですが、本来は有識者をねぎらうはずの会だったものがなぜか安倍後援会の観光バスが17台で会場へ行きました。税金が安倍後援会のバス旅行に使われました。何人参加?我田引水。税金の無駄遣い。毎年、予算が増額していったことに対し菅官房長官は警備にお金がかかるというものの持ち物検査をされた後援会員は存在していません。メロンや、うちわを配った大臣が辞任したのだから当然辞任。 桜を見る会に悪徳商法で摘発されたジャパンライフの山口会長や反社会的勢力も参加していました。実は水面下ではつながっているということなのか?芸能人が反社会的勢力と写真をとり芸能活動を中止に追い込まれるのだから当然総理は辞任に値するのではないでしょうか?

 昨年の臨時国会が閉会されるにあたり与党幹部が桜を見る会の問題で「逃げ切った」との発言が相次いでいます。「逃げる」と自分から発言すること自体悪事を認める発言ではないでしょうか?逃げ切りを許さず世論で包囲し安倍内閣の退陣を迫ろうではないですか。来る総選挙では野党共闘の勝利と働くものが主人公の社会を目指すことを決意しあいさつとします。共に頑張りましょう。








 
Copyright © 2008-2018 神奈川県医療労働組合連合会 SINCE 08/12/1 Supported by Shimaweb**